「WordPressサイト制作を簡単にする国産サイトビルダー weluka:ウェルカ」テクニカルブログ

Google map を埋め込んでいるページにてロードすると「x」部分に飛んでしまう現象について

2021年6月3日のgoogle map apiの仕様変更により、infowindow(ポップアップ)を最初から表示している状態で、
googlem apを埋め込んでいるすべてのページ(welukaやwordpress関係なく)は、
読み込むとマップのinfowindow内の「x」部分に飛んでしまう現象が確認されております。(現象の一例)

こちらは当社でも調査中であり、現状の抜本的な解決策はありません。

当面の対応方法といたしましては、
Google mapの改善を待つか、
Google mapからiframeのHTML埋め込みコードを取得して、welukaのビルダー画面の埋め込みコードウィジェットを使って埋め込んでください。

Googlemapの共有(iframe)でGoolgle map を埋め込む方法

1.google mapのHTMLコードを取得する

1.Google mapを開いて載せたい場所を検索します。
2.共有を押します。

1.「地図を埋め込む」タブを押すとHTMLが表示されます。
2.「HTMLをコピー」を押すとHTMLがコピーされます。

2.google mapのHTMLコードを貼り付ける

埋め込みたい投稿/固定ページのビルダー画面に移り、
1.工具アイコンを押します。
2.埋め込みコードをドラッグ・アンド・ドロップします。
3.編集を押します。

埋め込みコードの編集画面を開いて、
1.google mapで取得したHTMLコードを貼り付けて、
2.保存するを押す
と以下のようにgoogle mapが表示されます。

さらにgoogle mapを上のように中央寄せする場合は、
1.埋め込みコードにて「高度な設定」タブを押し
2.スクロールして最下部のClassにて「weluka-text-center」と入力して保存します。
すると上のようにマップが中央寄せされます。